昼夜放牧を原則とし、放牧地の面積に見合った頭数(0.7〜1ha当たり約1頭)が群れで生活をします。放牧地内には草地、広葉樹林、針葉樹林、水場、砂場があり、馬は草地で走ったり、木陰に入って休んだり、砂遊びをしたり、自由に行き来することができます。


ホーストラストでは、昼夜放牧を原則としていますが、病気やケガ、環境への順応状態によって、
次の4段階に飼育レベルが分かれています。
T.完全昼夜放牧
 1頭当たり0.7〜1ヘクタールの割合で、草地、樹林、
 竹林のあるパドックに放牧します。
 (シェルター:退避小屋あり)

U.ケアパドック
 10ヘクタールほどの事務所まわりのパドック。
 治療や特別食、馬服を着せるなどのケアが必要な馬
 が入ります。

V.追込厩舎付パドック
 ケアパドックより重度の馬を、追込み厩舎(出入りが自
 由な厩舎)があるパドックに放牧します。

W.厩舎
 さらに問題のある馬については馬房に入れ管理します。



1日1回(ステージによっては2回)集牧し、麦やミネラルなどの添加飼料を投与します。その際に手入れや健康チェックを行います。病気や怪我の馬、老齢馬等は、必要に応じて厩舎で舎飼をします。
過放牧をしないことで、常に馬は草の上で生活できますが、冬の青草のない期間は乾燥牧草を投与します。

Copyright(C) 2006 NPO HORSETRUST All rights reserved.